取り組みの歴史は

ムダ毛が気になり始めたのは、中学生のとき、バレーボール部に入部してからだと思います。
ちょうどおしゃれが気になり始める年齢ということもあって、友人同士、足や腕のムダ毛がどの程度かなど、まだまだ無邪気に比べ合っていました。
その頃は脱毛というよりは脱色が人気で、産毛を金色にできることで女の子に支持されていました。
けれど、脱色というのは髪もそうですが、だんだんと毛が伸びてくると二色になってしまうので、それがかえってみっともないと感じる人もでてきて、だんだんとムダ毛そのものを失くしてしまう方向へと移ってきました。
最初は、面倒だからとお風呂に入るたびに石鹸を塗り、カミソリで剃っていました。
そうするとツルスベ肌になり、練習着で半そで、ブルマー姿になっても大丈夫でした。
けれど、中学生のときにカミソリで剃り続けたのがまずかったのか、高校生になる頃には見事な剛毛に育ってしまっていました。
後になって、カミソリで処理をすると剃った断面が太くなり、剛毛が生えてくるようになるという記事を読み、処理をする前に知りたかったと思ったものです。
けれどそれももう後の祭り、そのころから世の中に登場し始めた、回転するローラーがムダ毛をひっつかんで抜いていく脱毛器を購入することにしました。
初めて使ったときは、あまりの痛さに涙が出ました。
ムダ毛を抜いた毛穴からは血が出て散々でしたが、不思議なもので何度かやっていくうちにさほど痛みを感じなくなりました。
ムダ毛というのは、足であれ腕であれ、何度も抜くのを繰り返していくうちに、だんだんと痛くなくなってくるものです。
この方法は今でも続いていて、相変わらずの剛毛も、年齢とともに少々少なく、細くなってきました。
それでもお手入れをしないと、とてもではありませんが出せる足ではありません。
面倒なものの、これもいつの間にか慣れてきて、これからも当分変わらない脱毛方法として、私の生活の中に組み込まれているだろうと思います。