女性として生まれついた以上、さまざまなお手入れをしなければならないのは宿命と言えるかもしれません。
もちろん、やらなくてもいいと考える人もいるでしょうし、最低限だけやっておこうという考え方の人もいると思います。
やらないと決めることができる人は、もともとやる必要がないか、それとも周りに何と言われようと、自分がやらないと決めたのだからやらないのだ、という人の二つに分かれると思います。
けれどこの二つはかなり極端な話で、たいていの人は、ひとまず他の人に見られても恥ずかしくないと自分が安心できる程度には、きちんとお手入れをしておこう、と考えるのではないでしょうか。
たとえば、メイクにしてもスッピンではなくせめて薄化粧をすることで、きちんと見られても大丈夫なようにしています、と胸を張って言えると思います。
脱毛にしても同様で、とりあえず腕や足は何らかの方法で処理をしておかないと、全く何もしていない人を見ると、どこか嫌悪感のようなものを感じると思います。
何もしていない人がもつ、自分は自分という強い意志をうらやましく思いながらも、同性としては、周りの目に触れるのだから少しくらいはお手入れをしてください、という気持ちにもなると思います。
特に自分自身が時間を作ってお手入れを頑張っているのであれば、なおさらそう思うのではないでしょうか。
脱毛をしてきれいにするも、何もしないでほったらかしにするも、それぞれ人の考え方次第で誰がとやかく言えることでもありませんが、女性としてはツルスベ素肌にキープしておく方が、絶対に魅力的に見えると思います。
そうやってきれいになろうとお手入れをすることで、自分自身も自信がつき、実際にきれいになっていくものだと思います。
脱毛は手間のかかることですが、それをやることで腕も足も見られても平気、という自分自身の状態を作り出すことは、精神的にも落ち着いていられる状態にするということなのではないかと思います。